instafram

04アラブ イスラーム学院でハラールを学び、食す

   
yukiko Hirano(運営事務局)
   
2019.12.24
 

ツアーの概要

六本木ヒルズ経由で南アフリカ共和国大使公邸、サンマリノ大使館を外から見 学しながら、元麻布の住宅街にひっそりと佇むアラブ イスラーム学院を訪れる ツアー。サウジアラビア王国大使館の附属施設で、イスラームの食文化やハラ ールについてのレクチャーを受けた後は、モスクや学院内にある図書館などを 特別に見学。最後は、バラエティ豊かなハラール料理のご馳走をいただき、ア ラブ・イスラーム文化に親しみました。

六本木の喧騒を通り抜け、大使館を見学

六本木駅を出発し六本木ヒルズへ。東京タワーを見ながら通り抜けると、六本 木の喧騒とは違う落ち着いた雰囲気に。おしゃれな門構えの南アフリカ共和国 大使公邸、可愛らしい雰囲気のサンマリノ大使館を外から見学しながら、アラ ブ イスラーム学院に向かいます。

アラブ イスラーム学院に到着!うれしいおもてなしも

アラブ イスラーム学院に到着し、まずはアラビア語の特徴やイスラームの教え、 食文化について教えてもらいます。どの家庭でも一番先にお客様に出すという 甘いナツメヤシの実とスパイス入りのアラビックコーヒーのおもてなしがうれ しい!

豪華絢爛!民具や服装品の展示室

いよいよ館内を見学!バターやチーズを作る道具やライト、服装品などが展示 されている部屋は、色も装飾も豪華絢爛で思わず見入ってしまいます。振舞わ れたコーヒーを飲んだ後、お代わりを断る仕草も教えてもらいました。これを しないとまた注がれてしまうとか。

メッカの方向に向かって祈りを捧げる礼拝室

イスラーム文化に欠かせない礼拝室は、男性は1 階、女性は2 階と別れていて、 メッカの方向を示すくぼみがあり、そちらに向かって祈りを捧げるとか。礼拝 の時間は決められており、ツアー中も数回礼拝が行われていました。アラビア 語の本がずらりと並ぶ図書館も。

日本人の口にも合う、ハラール料理

最後は、お楽しみのハラール料理。前菜、メイン、デザートと豪華なビュッフ ェメニューに大興奮!シェフが一品ずつメニューを紹介してくれました。スパ イスやオリーブを使った料理は日本人の口にも合い、とってもおいしい!アラ ブ イスラーム文化を身近に感じることができたツアーでした。

参加日:2019.11.30
pagetop