instafram

26普段入る事のできない東京競馬場の裏側とその史跡を訪ねる

   
yukiko hirano(運営事務局)
   
2020.01.09
 

ツアーの概要

かつて良馬を多く産出し“馬の市”が盛んだった府中市。大國魂神社や競走馬のお墓など、馬にまつわる史跡を訪ねた後は、日本最大規模の競馬場であるJRA東京競馬場でバックヤードツアー!普段入ることができない装鞍所、パドック、ウィナーズサークル、来賓室などを見学。競馬博物館では学芸員による解説を聞きながら、競馬についての知識を深めました。競馬好きもそうでない人も、思わず大興奮してしまうツアーでした。

駿馬が多く産出された府中。馬にまつわる史跡めぐり

まずは大國魂神社へ。毎年5月に行われる「くらやみ祭」では「競馬式(こまくらべ)」という朝廷に献上する馬を検閲していたことに由来する儀式が行なわれるとか。レース中の怪我などで命を落とした競走馬を供養する馬頭観音、歴代の名馬のお墓を見学しながら東京競馬場へ向かいます。

JRA東京競馬場のバックヤードツアー開始!

いよいよ多くのG1レースが行われる日本最大の競馬場・JRA東京競馬場へ。まずは装鞍所を見学。競走馬が鞍を装着する場所で、それぞれ馬の名前が書いてあります。一角には馬の体重を測る場所もあり、馬の体調管理のほか、競馬予想の為に公表しているそう。

普段降りることができない場所に興奮!

競走馬も通る地下道を進んで、おなじみのパドックや優勝馬の記念撮影などが行われるウィナーズサークルを見学。普段降りることができない場所に興奮!入選した順に馬が並ぶ場所では、数字の1を触ると運気があがるかも、と聞いてとりあえずペタペタ。

競馬の魅力に触れることができるJRA競馬博物館

敷地内には「JRA競馬博物館」があり、競馬の歴史や文化を知ることができます。等身大のサラブレッドの模型に乗ってゲートが開く瞬間を体験できるコーナーも。今年の7月に亡くなったディープインパクトを哀悼する特別展もありました。

コース全体が見渡せる来賓室からの眺めに感動!

最後は東京競馬開設60周年に竣工されたメモリアル60スタンドの来賓室へ。最上階からの眺めは絶景で、思わず感動の声が上がります。コース全体が見渡せるので、ゴールまでの直線距離が500mもあるのがよくわかります。晴れていれば富士山も見えるとか。いつかレースを観に行きたくなりました。

参加日:2019.11.13
pagetop